ハードディスクの正しい使い方:ハードディスク復旧はDATAOK

データ復旧サービスの専門 DATA OK

HDDの正しい使い方

    DATAOKではHDDを中心にデータ復旧サービスを行なっています。
HDDの正しい使い方 MAIL Service  HDDの正しい使い方 PRINT Service  

ハードディスク(HDD)の正しい使い方

1.電源を切る際には正しい方法で。

電源を切る際には、強制的な電源断を控え、正しいシャットダウンを行った上で電源を落とす必要があります。特にプログラム実行中にデータの読み書きがなされている場合、電源を急に切ればハードディスクはもちろん、データにも大きい衝撃を与えてしまいます。

2.外部衝撃を受けないように注意。

特に電源が入っている状態で顕著ですが、電源が入っていない状態でもハードディスクを落としてしまったり、外部からの衝撃を受けたりするとディスク表面にヘッドが接触し、傷を付けてしまうこともあります。縦置きタイプの外付けディスクが横に倒れた場合や数十秒の地震にさらされただけで壊れたという例もあります。極力外部衝撃を受けないように気を付けなければなりません。

3.データの整理は計画的に。

ハードディスク内のデータはよく整理しながら使います。必要のないファイルは削除した方が良いでしょう。断片化が起こった場合にはデフラグも有効です。データが散在しているとそのデータを集めるために磁気ヘッドに負荷がかかりやすくなります。これはハードディスクを長持ちさせる方法でもありますが、ハードディスクの性能を最大限に引き出す意味もあります。

4.電源コネクターは単独での使用を。

外付けHDDなどの電源ケーブルは単独で使います。タコ足配線などは禁物です。ハードディスクは電源が安定して供給されなければなりません。特に冷却ファンやCD-ROMなど、消費電力が多い周辺機器と一緒に接続しない方が良いです。
また、付属のケーブルを使いまわすのも危険です。稀に電圧の異なるACアダプターを接続し基板が損傷することがあります。

5.POWER MANAGEMENTの機能を活用。

POWER MANAGEMENTとは パソコンの電源管理を行う機能のことで、バッテリーの状態を5段階に分けて監視し、パソコンを使用していない時は自動的に電源を切ることができます。BIOSの機能として実装されています。

6.ハードディスクのパーティションは分割して使います。

ハードディスクが高容量の場合にはいくつかにパーティションを分割して使います。ハードディスクのパーティションを1つに設定して使う場合では、よくアクセスするファイルがプラッターの外側と内側に分散されディスクヘッドの動作負担を大きくすることがあります。

page top

HDDの データ記録領域のクリーンアップ

1.必要のないプログラムは削除します。

必要のないプログラムをインストールしたものの一度も使ってないということがあると思います。しかしそれらのプログラムも自動的に背後でスタンバイ状態になるものがあり、システムを遅くしてしまったり、不具合を生じさせる原因になることがあります。
プログラムを削除するときはプログラムフォルダを手動で削除するのはおすすめできません。コントロールパネルのプログラムの追加と削除を利用してください。

2.ハードディスククリーンアップ機能を使い必要のないファイルを削除します。

パソコンを使って行くうちに、多くの temp ファイルが溜まるようになります。一部はプログラムが終われば削除されるものもありますが、大部分は残るようになります。これらは必要のないデータながらも当然ハードディスクの容量をつかい、システムの性能を落としてしまいます。
なので、このようなファイルを消していくことが大事なのですが、これを捜し出すことは困難です。大部分のwindows フォルダ内に隠されているので、間違って別のファイルを削除してしまえばシステムが止まってしまうこともあります。これを防止するために、ハードディスククリーンアップ機能を使うことをお勧めします。

3.フォルダ管理は分かりやすくします。

ハードディスクのデータ管理には体系的なフォルダ管理が一番大事です。ダウンロードディレクトリー、プログラムディレクトリー、ゲームディレクトリー、データディレクトリーなど、同種類のものを集め分かりやすく管理します。

4.ダウンロードディレクトリーはまとめます。

古いWindowsではダウンロード用のフォルダが用意されておらず、プログラムを使って行くと、多くのダウンロードディレクトリーができるようになります。各プログラムのダウンロードフォルダは同じフォルダを使うようにします。必要のないプログラムは削除していきます。

5.ディスクの最適化を行います。

データの読み書きが繰り返されると、データがハードディスクのあちらこちらに分散されてしまいます。そうするとデータのアクセスに時間がかかるようになり、システムの性能を低下させます。そこで、その断片化されたデータを1ヶ所に集める必要があります。これをディスク最適化と言います。

6.ディスク検査をします。

ディスク検査はデータを記録する "プラッター"を検査し、不良セクタなどがないか検査します。不良セクタが1つでも発見された場合は、データを安全な媒体に退避させる必要があります。

page top


秋葉原本店0120-633-799
Web お問い合わせ データ復旧お申し込み