BIOS(バイオス)、RAIDコントローラーカードからRAID機能を設定する方法

Top Page Sitemap
searchtel:0120-633-799

RAID崩壊・ネットワークトラブルにサーバ・NAS・RAID復旧のスペシャリスト!

BIOS(バイオス)RAID 構成方法

RAID機能搭載のメインボードではBIOSからRAID機能を設定します。

RAID構成の方法や RAID メニューで使用される用語はほとんどのメーカーで共通の内容ですので、一度RAID構成メニューが把握できれば、他のBIOSメニューからでも、簡単に RAIDを構成することができるようになります。

BIOS(バイオス)RAID 構成方法

▲ メインボード RAIDは通常、使用しない設定になっていますので、 CMOS セットアップで変更しなければなりません。

BIOS(バイオス)RAID 構成方法

▲ BIOS メニューから SATA コントローラーモードを RAIDにします。

BIOS(バイオス)RAID 構成方法

▲設定が完了すると起動画面で表示されるメインボード情報の次に、別のメニューから入るようになります。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

RAID コントローラーのBIOS構成はRAID構築とRAID削除、そして終了(EXIT) メニューになっていて、コントローラーによってモニタリング機能などRAIDコントローラカードのオプション機能があります。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲ASUS P5K Premiumの ICH9R RAID バイオスは上のようにCreate RAID Volume、Delete RAID Volume、Reset Disks to Non-RAID、EXITメニューで構成されています。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲RAID設定(Create RAID Volume) メニューに入ると、 RAIDを構成するドライブの名前を決め、次に RAID レベル、RAID構成するドライブ、Strip Size、そしてドライブ容量を決めます。Strip Sizeを大きくすればファイルの分散書き込み回数が減り、ランダムアクセスなどの性能をアップさせることができます。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲ICH9RのRAIDバイオスで構成することができるRAIDレベルはRAID 0,1,1+0,5です。インテル ICHのMatrix RAIDではドライブの全容量の代わりに、希望する容量だけを指定し、RAIDを構成できます。これはウィンドウズ用ユーティリティーでも同じです。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲ RAID レベルを決めたら RAIDで構成するドライブを選択します。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲ Strip Sizeは128KB以下で設定が可能ですが、 ICH9RはRAIDレベルごとに基本値を持っています。

▲ RAID レベルを決めたら RAIDで構成するドライブを選択します。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲ RAID ディスクの全体容量が表示されます。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲RAIDを構成する時、または解放する時は、ディスクのデータが失われることがありますので、この部分を警告するメッセージが必ず表示されます。Yを押せば RAIDで構成されていたドライブのデータがすべて消され、初期化されます。

RAID 設定メニューの形は違っても使用方法は同じです。

▲インテル Matrix RAID方式で2つのドライブにボリュームを分け、一方はRAID 0をもう一方は RAID 1を構成しました。バイオス画面の下に RAIDドライブ情報が新たに表示され、RAIDで構成したハードディスクは Member Diskという名前に変わっています。

RAID コントローラーカードも基本構成は同じです。

RAIDコントローラーカードもRAIDバイオスに入る方法やRAIDの構成方法はほとんど同じです。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ Adaptec ASR-3405はCRTL+AキーでBIOSメニューに入ります。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ 高級型 RAIDコントローラカードは RAID構成メニュー以外のメニューもあります。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲RAID構成メニュー(Array Configuration Utility)ではRAID設定と関連するManage Arrays,Create Array,Initialize Drives,Rescan Drives,Secure Erase Drives などがあります。ICH9Rと同じくCreate Arrayメニューで RAIDを構成することができますが Initialize Drivesを通じて先に、コントローラーに接続されたハードディスクを認識させる作業をしなければなりません。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ Initialize Drivesを実行する際に表示される警告メッセージ
RAID構成をすればドライブが削除されるので、システムドライブは選択してはいけません。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ RAID構成をすればドライブが削除されることに対する警告が表示され Yes/Noを選択します。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲検索されたドライブの中で RAID構成に使うドライブだけを選択します。
以後 Create Array メニューに入ると、選択されたドライブが画面に出るようになります。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ICH9Rと違いRAIDという言葉の代わりに Arrayという言葉を使っていますが、RAID 構成メニューはほとんど同じです。RAIDを構成する順番は少し違っても RAID設定のために必要な項目はすべて持っています。Array Typeでは RAID 種類を選択します。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ICH9Rメニューとは違い、先に RAIDを構成するドライブを選択してRAID種類を決めるので、RAIDレベル種類を指定すれば Array Sizeから該当の RAIDで使うことができる最大容量を表示してくれます。その下にストライプサイズとキャッシュの使用可否を決めるメニューがあります。ICH9Rでは書きこみキャッシュの使用をバイオスメニューではなくウィンドウズの Matrix Storage Managerプログラムで指定しますが、Adaptecカードはバイオスで設定します。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ RAID設定が終われば再び警告文がでます。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ Manage Arraysメニューを見れば、新しく構成されたRAID種類とドライブ情報が確認できます。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲Adaptec ASR-3405 RAIDコントローラカードはXORプロセッサとメモリーを内蔵しているだけではなく、SASハードディスクも使用できるため、RAID設定のほかにコントローラーに関連する機能を設定するための別メニューを持っています。

RAID コントローラカードも基本構成は同じです。

▲ 再起動すればRAID画面で、新しく作った RAID 情報が表示されます。

RAID バイオスは英文なので、よく理解した上で作業を行ってください。

メインボードRAIDバイオス、RAID コントローラカードのバイオスメニューは RAIDを構成する部分はほとんど差がありません。しかし、ほとんどのRAIDバイオスは英文になっているので、用語が変更されている、新機能が導入されているなどの場合は、マニュアルを参考し、よく理解した上で作業をすすめる必要があります。

秋葉原駅から徒歩5分!末広町駅から徒歩0分!当日受付可能!最短1時間初期診断!即日受付可能です。! AccessMap
専門スタッフ無料相談 TEL:0120-633-799WEBお問合せデータ復旧お申し込み

page top