0120-633-799

  • 平 日 09:00~19:00
  • 土曜日 11:00~18:00

DATAOK データ復旧研究センター

データ復旧 研究センターはより安全により良いサービスを

0120-633-799

  • 平 日 09:00~19:00
  • 土曜日 11:00~18:00

データ復旧事例HDD/SSD

データ復旧研究センター DATAOK

営業時間

  • 平 日 09:00~19:00
  • 土曜日 11:00~18:00

0120-633-799

数日前から動作が遅くなり、アクセスできなくなった

復旧結果 98 %

#

TeraStation

初期診断
4hour
復旧時間
3day
使用機器
TeraStation 5400 TS5400DWR0804
障害メディア
Westerndigital 3.5 SATA 2TB WD20EARZ x 4台
OS
Linux
ファイルシステム
XFS

障害状況

数日前からデータをコピーするのが遅くなり始め、今日の朝にE15エラーメッセージが表示され、起動ができないようになった。

診断結果

HDD 2-3番 不良セクタによりデータアクセス速度がにぶった結果、レイド崩壊が発生し認識不可状態になった。

#

エンジニアコメント

不良セクタは保存装置にデータを記録したり、記録された情報を読み取ることができない領域が発生する障害です。HDDを普通に使用するだけでも徐々に発生します。 主にディスク表面の損傷によって引き起こされ、HDDは認識するが起動に時間がかかる、または起動が不可能な場合もあります。 他のコンピューターに接続してもドライブアクセスやデータ確認ができず、内容を見ることができません。 主な発生原因として衝撃によるディスク表面の損傷、定期的な使用によるプラッター自体の消耗が挙げられます。

2台のHDDに不良セクターが発生、レイド構成が保てなくなった結果アクセス出来なくなってしまった状態。不良セクター部分を除きディスクイメージの取り出しに成功。一部不良セクターにより破損していましたが、必要なデータは全て復旧できました。

HDDを長時間使用する環境では不良セクタのような物理的障害を防ぐ手立てはありません。しかし、被害を減らす方法はあります。 例えば、異音がし始めたならHDDの稼働をすぐに止めて専門家に依頼してください。 もしそのまま放置されたら状態が悪化し、復旧が難しくなります。

類似メディアの復旧事例

  1. ホーム
  2. 復旧事例
  3. NAS
  4. 数日前から動作が遅くなり、アクセスできなくなった

営業時間 平日 09:00~19:00 | 土曜日 11:00~18:00

データ復旧 研究センター DATAOK 信頼と安心をお客様へ

アクセスマップ

データ復旧専門スタッフによる無料相談を受け付けております

0120-633-799

お急ぎの場合やお持込みをご希望の際などお気軽にお電話ください

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #