0120-633-799

  • 平日 9:00~19:00
  • 土日祝 9:00~19:00

DATAOK データ復旧研究センター

データ復旧 研究センターはより安全により良いサービスを

0120-633-799

  • 平日 9:00~19:00
  • 土日祝 9:00~19:00

データ復旧対応メディアデータベース

データ復旧研究センター DATAOK

営業時間

  • 平日 9:00~19:00
  • 土日祝 9:00~19:00

0120-633-799

データベースデータ復旧サービス

データ復旧研究センターのデータベース復旧専門チームはOracle Database、Microsoft SQL Server、
MySQLなど様々なデータベースに対応しております。

またSATA、SCSI、SASなどHDDの物理障害からのデータベース復旧も完全自社内で対応いたしておりますので、セキュリティの面でも安心してサービスをご利用いただけます。データベースの種類やハードディスクの障害内容によってはデータファイル以外に機器本体またはハードディスクが必要な場合がありますので、お問い合わせください。

  1. 日本最高水準のデータベース復旧専門チーム!

    データ復旧研究センターでは、一般的なデータ復旧方法では完全な復元ができないデータベース損傷に対しても、ファイルに直接アクセスしてデータを抽出、または、新しくロジックを組みたてて、データの復旧作業を行うなど日本最高レベルのデータベース復旧技術を保有しています。

  2. データベース復旧復旧率NO.1

    データ復旧研究センターではデータベース復旧専門チームにより、さまざまなデータベースを分析・研究を行っています。データベース復旧の技術力に対する評価も高く、多数の病院、学校、研究所からデータベース復旧依頼をいただいております。

    最高レベルのデータベース復旧チームにお任せください。

  3. 万全のセキュリティ対策!

    お客様が安心してご依頼頂けるよう情報セキュリティを徹底。高品質のISMSの構築を実現。情報セキュリティに関する国際標準規格であるISO27001認証を取得しています。

    厳重なセキュリティシステムを構築し、お客様の大切なデータを管理しています。

対応データベースのOS

すべての言語に対応可能で、下記の代表的なDBMSを含むすべてのデータベースに対応可能です。

  • oracle
  • Microsoft SQLserver
  • PostgreSQL
  • MySQL
  • SQLite
  • IBM DB2
  • informix
OS
  • ORACLE
  • MS SQL Serverシリーズ
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • SQLite
  • DB2
  • InfomixDynamicServer

データベースのよくあるトラブルの症状

以下のような症状でもデータ復旧が可能です。まずはご相談ください。

  • Databaseがドロップされた
  • Tableがドロップされた
  • Tableの中で一部データが削除された
  • Tableの中で一部データがアップデート(上書き)された
  • データベースファイル、Storageが損傷された
  • データベース自体を削除した
  • ファイルを削除した(.mdf、.ldf、.dbf、.log、.dat、.ctl)
  • バックアップファイルがリストアされない
  • ファイルはあるがアタッチできない
  • プログラムが実行されない
  • ハードディスクの物理的な損傷でアクセスできない
  • Database復旧ツールまたはトランザクションログが使えない
  • 管理者の操作ミスによるデータ削除

復旧時間・復旧費用

初期診断

12時間~24時間
まずは無料の初期診断を行い、復旧の可能性・作業時間・費用などをご報告いたします。

復旧時間

1日〜7日
メディアの損傷状態、データ容量によります。

復旧費用
サーバ・DBMSの種類+障害の程度+レコード数

データベース復旧費用は、機器の種類、障害内容及び作業難易度、レコード数などによって査定されます。 データ復旧研究センターのデータベース復旧サービスは、成果報酬制ですので、復旧ができなかった場合費用は一切発生しません。ご安心してご利用いただけます。

復旧成功の基準としては、復旧データが正常にアタッチできる状態までを復旧基準といたしております。 データベースの種類やハードディスクの障害内容によってはデータファイル以外に機器本体またはハードディスクが必要な場合がありますので、お問い合わせください。

データベースにアクセスできなくなった

復旧結果 95 %

オラクル
初期診断
1
復旧時間
3
使用機器
SUN Storage D1000
障害メディア
SCSI 36GB, RAID5
OS
Solaris
ファイルシステム
UFS
ボリューム
4つ

障害状況

データベースにアクセスできなくなった

診断結果

レイド情報損傷、ファイルシステム損傷

エンジニア

エンジニアコメント

ファイル単位の復旧を行い、必要とするデータ約100MBを復旧させることができました。一部データの破損があったのですが、最大95%のデータを納品することができました。

一度エラーの起きたデータベースはやみくもにいじらないようにしましょう。ファイルの破損個所が拡大してしまうおそれがあります。

データベースのデータ復元には非常に専門的な知識と高度な技術、経験が要求されます。データベースのトラブルの際はご相談ください。

テーブルが損傷されソフトウェアが機能不能になった

復旧結果 95 %

MySQL
初期診断
8時間
復旧時間
4
使用機器
DELL SERVER
障害メディア
SCSI 3.5″, 18GB ×4台
OS
Redhat 7.0
ファイルシステム
EXT3
パーティション
5つ

障害状況

サーバーアップグレード後、テーブルが損傷され、ソフトウェアが機能不能になった。

診断結果

ファイルバックアップ後 Restore tar からデータベースを復元中エラーが発生し機能不能状態になった。

エンジニア

エンジニアコメント

ファイルバックアップ後 Restore tar からデータベースを復元中にエラーが発生したため機能不全状態になったものと見られます。

ディスクのファイルシステムを分析して tarファイルを抽出しました。ファイルの損傷された部分を調整してmysqlデータを復旧しました。

一度エラーの起きたデータベースはやみくもにいじらないようにしましょう。ファイルの破損個所が拡大してしまうおそれがあります。

ブルースクリーン後、システムダウン

復旧結果 89 %

Microsoft SQL Server

データベース

初期診断
6時間
復旧時間
3
使用機器
IBM Server Raid5
障害メディア
18G HDD X 4台 2.1GB MDFファイル
OS
Windows 2000 Server
ファイルシステム
NTFS

障害状況

ブルースクリーン後、システムダウン

診断結果

ハードディスクに物理的な障害が発生

エンジニア

エンジニアコメント

サーバー管理会社からハードディスクを受け取り診断してみたところ、ディスク 4台中 2台の物理損傷と、その上レイド構成もされており単純レイド5ではない複合レイド5 構成だったので復旧がかなり困難な状態でした。

ハードディスクの物理的な問題を解決し、ソフトウェア的にエミュレーション作業を 6回以上行い、データを復旧させました。

データベースのデータ復元には非常に専門的な知識と高度な技術、経験が要求されます。データベースのトラブルの際はご相談ください。

  1. ホーム
  2. データ復旧対応メディア
  3. データベース

営業時間 平日 9:00~19:00 | 土日祝 9:00~19:00

データ復旧研究センター DATAOK 信頼と安心をお客様へ

アクセスマップ

データ復旧専門スタッフによる無料相談を受け付けております

0120-633-799

お急ぎの場合やお持込みをご希望の際などお気軽にお電話ください

  • #
  • #
  • #
  • #
  • #